STD(性行為感染症)

女性の方へ

STD(性行為感染症)の検査に関して   

女性の方に


性行為感染症に含まれるのは、
性器クラミジア/淋菌/トリコモナス/梅毒/ヘルペス/コンジローマのほかに、
HIV,B型肝炎、C型肝炎があります。

性行為感染症のうち、何らかの症状が出れば患者さんは病院(婦人科)を受診して、担当医師が疑わしい病気を(当然保険診療で)調べてくれるでしょう。

しかし、「症状は特にないが心配だから調べて欲しい」では、保険診療にそぐわないため、自費で検査することになります。この原則をまずはご理解下さい。

(1)症状からSTD検査へ    
        =保険診療

 ①「おりものが多い・臭う」「外陰部が痒い」    
 「おりもの(「帯下」)が多い・臭いから性病が心配だ」と言われる患者さんは多いですが、この場合は、おりものに細菌やカビ(「カンジダ」)がいると考えられます。病名としては『細菌性膣炎』『カンジダ膣外陰炎』です。カンジダの場合は特に「痒み」が出やすく、おりものを目で見て「カンジダです」と分かることもよくある。しかし細菌もカンジダももともと外陰部や膣に存在する常在菌で、STDには本来含まれません

なお、おりものが多いから(保険診療で)クラミジアや淋菌その他を検査するのはやりすぎです(良識ある保険医ならやらない)。「このおりものはクラミジアだ!」などとは誰にも言えないからです。

【注意】「おりものが多い、臭い」で帯下培養検査(帯下の細菌検査)をすると、同時に保険適応でクラミジア・淋菌の検査が出来ません。日を改めて受診するか、帯下の細菌培養を自費(2.200)でやるかのどちらかです。

 ②「お腹が痛い」  (エコー検査で子宮卵巣その他を調べる以外に)クラミジア感染症が重要です。患者さんがある程度若いなら医師誰もが注意するはずで、保険診療で普通に検査することになるでしょう。

 ③ 不正出血    子宮がん検査をするのが重要です。おりものがひどく汚ければ、「淋菌トリコモナス感染⇒膣壁・子宮膣部の炎症⇒出血」もあり得るため、淋菌・トリコモナス検査をしてもいいかも(普通はやらない)。


(2)パートナーがSTDに感染した 
          =保険診療

 パートナ-(男性)の診断が確定すれば、来院患者さん(女性)も感染が疑われるので、保険診療で医師が診察します。性器クラミジア・淋菌・トリコモナスは内診台に上がってもらい膣内から検体を採取して検査、梅毒は主に採血、HIV、B型肝炎・C型肝炎は採血、ヘルペスとコンジローマは内診台で医師が目で見て診断します。クラミジアとヘルペスで抗体を調べるのは意味が薄く、コンジローマで抗体を調べることはありません。

男性の方に

STD(性行為感染症)の検査に関して   


男性の方に


性行為感染症に含まれるのは、性器クラミジア/淋菌/トリコモナス/梅毒/ヘルペス/コンジローマのほかに、HIV,B型肝炎、C型肝炎があります。

性行為感染症に関連して、

何らかの症状が出た(男性)患者さんは

泌尿器科を受診
して下さい。

泌尿器科担当医師が疑わしい病気を(保険診療で)調べてくれるでしょう。

泌尿器科でー

(1)排尿時の痛み

 淋菌感染症が疑われます。陰茎の検査をし、点滴・内服で治療。

(2)陰茎の水泡・潰瘍・痛み、出来もの

 陰茎に水泡⇒潰瘍ができて痛いなら、ヘルペスの疑い。診察して治療。

 陰茎に出来ものが出来たら、コンジローマか。診察して治療。

男性の場合、クラミジアに感染しても全く無症状、トリコモナスに感染してもまず無症状(or尿道炎⇒排尿時違和感程度)なので、「症状から疑って検査」とはあまりいきません。

 

しかし、
「症状は特にないが心配だから調べて欲しい」では、
保険診療にそぐわないため、
自費で検査するべきです。

保険診療の建前から、そうなります。

 

(3)症状とは関係なく
   血液検査で調べられる感染症 

      =自費で検査

 B型肝炎ウイルスC型肝炎ウイルスは、性行為で感染し、症状を自覚することはありません。
 梅毒HIVは、感染後(ある程度)時を経て症状が出ますが、たいていは症状が出る前に何らかの形で外来を受診しています。
 上記の4種類の血液検査は当院でも検査が可能です。  
  ⇒『STD検査(自費)費用 一覧』を参照。

STD検査(自費)

費用一覧

 

(1)血液検査で診断できる項目       
   =男共通

     

価格

税込み

①B型肝炎  (HBs抗原)

2.500

2.750

②C型肝炎 (HCV抗体)

2.500

2.750

①+②(HBs抗原+HCV抗体)

4.000

4.400

③梅毒  (RPR+TPLA

3.000

3.300

④HIV (HIV抗体)

3.500

3.850

  ①~④全て(BV+HCV+梅毒+HIV)

8.000

8.800

 

 

(2)婦人科(当院)で検査できる
婦人科STD  

   =女性

  • クラミジア淋菌(およびトリコモナス)の検査は、保険病名を付けて保険診療で検査します。

【注意】「おりものが多い、臭い」で帯下培養検査(帯下の細菌検査)をすると、同時に保険適応でクラミジア・淋菌の検査が出来ません。日を改めて受診するか、帯下の細菌培養を自費でやる↓かのどちらかです。

  

価格

税込み

帯下の細菌培養(自費で検査する場合)

2.000

2.200


外陰部ヘルペス
コンジローマは、
外来診療で医師が目で見て診断することになります
(保険診療の診察代に含まれます)。

ブログ更新情報


メープル木更津クリニック

〒292-0831  
 木更津市富士見2-3-2

  電話:0438-40-5240
  FAX:0438-40-5340

【診療(受付)時間】
月・木  14:00~18:30
金     9:00~11:30
     14:00~18:30
土・日   9:00~11:30
     14:00~17:00

 診療の受付時間として考えて下さい。
 上記の時刻までにいらっしゃればOKです。
 木~日が祝日でも、土日と同じ時間で診療します。
 月曜日が祝祭日の場合は、お休みします。
(月曜日と木曜日の午前中は、施設で訪問診療をしています。
 水曜日は違う病院で働いております)


●イレギュラーなお休みは、
 このホームページ上でご報告いたします。


【Open】 Except Tuesday & Wednesday
      (open including National holidays)








ページの先頭に戻る